負担の少ない癌治療法|進化し続ける放射線治療

原因不明の特定疾患

腹痛

原因不明の病気というものは、いくつかあります。厚生労働省特定疾患である潰瘍性大腸炎も、そんな原因不明の病気のひとつです。この病気は、大腸の粘膜から粘膜下層に起こる炎症が原因で起こります。リウマチなどと同じく、免疫機能に異常をきたすことで白血球が大腸の粘膜を攻撃してしまい、炎症が起こると考えられています。免疫機能の異常のほかに細菌の感染やストレス、遺伝などが要因という説もありますが、はっきりしたことはわかっていません。20代が発症のピークではありますが、年代や性別に関係なく発症する可能性のある病気です。比較的、欧米でよくみられる病気でしたが、食生活が欧米化した現代の日本でも患者数が増加していると言われています。潰瘍性大腸炎を発症すると、初期段階では下痢や血便が見られます。病気が進行していくにつれて、発熱や腹痛などの症状もみられるようになります。また、これらの症状が続く期間と収まる期間を繰り返すのも、潰瘍性大腸炎の特徴なのです。診断をするためには、大腸内視鏡検査を用いられることがほとんどです。大腸内視鏡による検査で病気が歌がれる場合、組織検査を行って診断が確定されます。治療方法としては、食事療法を行うことで大腸を休めることと炎症を抑える薬による治療を平行して行うことが多いです。また、外科手術による治療方法もありますが、その場合には大腸をすべて摘出することになります。また、潰瘍性大腸炎は難しい病気ですので、治療を行う際にはなるべく治療経験が豊富な医師を探すことがおすすめと言えます。