負担の少ない癌治療法|進化し続ける放射線治療

左右対称に出るのが特徴

悩む男性

本来身体を守るはずの免疫が異常を起こして、関節を攻撃することで発症する病気を関節リウマチと言います。世田谷には、リウマチを専門的に診察してくれる病院もいくつかあります。

もっと読む

スポーツ中の痛みに要注意

関節の痛み

骨肉腫は、よくスポーツをする若い世代の発症率が高いガンです。スポーツ中やスポーツ後の痛みが症状なので、初期段階で気付けないことが多い病気でもあります。痛みが引かないなどの気になる症状は、放置しないことが大切です。

もっと読む

原因不明の特定疾患

腹痛

厚生労働省特定疾患である潰瘍性大腸炎は、原因不明の病気です。下痢や血便などが主な症状で、症状が続く期間と収まる期間を繰り返すのが特徴です。食事療法と炎症を抑える薬を併用して行う治療が一般的です。

もっと読む

負担の少ない治療法

医者と看護師と患者

癌に対する有力な治療法のひとつである放射線治療は、技術が進んでいる治療法のひとつであります。これは癌細胞を直接壊すことのできる、局所療法であることが特徴です。同じ局所療法である手術療法のように、癌腫瘍を小さくすることや無くすことが可能でありながら、メスを使う必要がないという点が最大のメリットです。癌ができた場所が手術で切り取るには難しい場所でも、放射線治療ならば周囲を傷つけることなく治療を行うことができるのです。また、患者さんが高齢の場合、外科手術に耐えられるだけの体力がないというケースがあります。放射線治療は外科手術に比べて負担が軽い治療法であるので、高齢の患者さんにも対応できる可能性の高い治療法なのです。ただし、ほかの治療法と同様にいくつかの副作用が起きる可能性はあります。食欲の減退や下痢などはよくみられる副作用の症状ですが、そのほとんどが一時的なものです。副作用は、特に治療後半年の間に出ることが多いのですが、時間が経てばほとんどの症状が収まります。また現在では、放射線治療に使用する機器の改良が進んでおり、副作用も以前よりだいぶ少なく済むようになっています。腫瘍ができている部分にだけピンポイントで照射できるようにしたことで、治療効果も高まっています。ただし、放射線の照射が一定量を超えると、癌細胞だけでなく健康な細胞組織まで壊してしまいます。そのため、同じ場所に再発してしまった癌の治療には使用できないので注意が必要です。